カウンセリングでしっかり伝える

カウンセリングでしっかり伝える

カウンセリングでしっかり伝える

美容室に行って、髪型を失敗した。
そんな経験をした事がある人は、少なくないでしょう。
美容師のスキルに差があるとはいえ、彼らはキチンと免許を持ち、経験を積んだ美容師です。
オーダーされたヘアスタイルを、満足に施術出来ないなんてケースは稀でしょう。

 

ではなぜ客が失敗したと感じるのか、その原因は最初のカウンセリングの時点で発生しているのです。
美容室のカウンセリングとは、シャンプーをする前に、どんなヘアスタイルにしたいのか、美容師に伝えます。
この時に、キチンと正確にイメージが伝わっていないために、
客が求めるイメージと、美容師が目指すイメージがすれ違っているのです。
当然ながらイメージが伝わっていないのですから、客のイメージ通りのヘアスタイルになるわけがありません。

 

ではイメージを正確に伝えるためには、どうしたらいいのでしょうか?
例えば、具体的な数字で説明をすれば伝わる。
そう思っている人は多いかもしれません。
「髪を5p切って下さい」そう伝えたら、プロだからキッチリ5p切ってくれると思いますよね。

 

しかし計って5pでカットするわけではありませんし、そもそもあなたが求める5pも感覚的に5pぐらいというニュアンスです。
そのため客と美容師の、それぞれのニュアンスがズレてしまうと、
「5pと言ったのにこんなに短くされた」と不満を持ってしまうのです。
もしかしたら、あなたの感覚の5pが間違っていて、美容師は言われた通りの5pぴったりにカットしていたかもしれません。

 

また毛先はぴったり揃っているわけではなく、大抵は不揃いにカットされています。
それに髪は濡れた状態と、乾いた状態では長さが異なります。
色々な要因から、明確に数字で告げたはずが、感覚的にズレてしまう事は実はよくある事です。
そのためオーダーは、「顎のラインで」とか「鎖骨ぐらいの長さに揃えて下さい」というふうに、身体のパーツで伝えた方が正確に伝わります。
 


ホーム RSS購読 サイトマップ