失敗しがちなオーダーまとめ!

失敗しがちなオーダーまとめ!

失敗しがちなオーダーまとめ!

自分が思っている理想のヘアスタイル。

 

美容室やヘアサロン、美容院でオーダーしたのは良いけれど、
結果的に大失敗した…
こんな経験を持っている方は、少なくないかもしれません。

 

美容師の腕が悪いとか、この美容室はレベルが低いとか、
まぁ人のせいにしたい気持ちも分からないでもありません。

 

しかし、本当にいけないのは美容師さんたちなのでしょうか。

 

ここでは、美容室で失敗する可能性の大きいオーダーの仕方を紹介します。
このようなオーダーとなってしまっている方、注意してくださいね。

 

 

●雑誌と同じ髪型は難しい

 

誰もが一度はしたことがあると思いますが、
芸能人やモデルさんの雑誌の切れ端を持ち込んで、
こうしてほしいと懇願するオーダー方法です。

 

これは、モデルさんの顔型やスタイル、頭の形を考慮したヘアスタイルです。
もし、丸顔の型が面長のモデルさんに似合った髪型を持ち込んでも、
似合わない可能性があるのです。
一先ず自分に似合うヘアスタイルを優先すべきですね。

 

 

●数字でのオーダー

 

数センチ切って欲しい、と言って、ざっくりと切られてしまった経験を持つ方、多いようです。
美容師にオーダーをする場合は、ここは抽象的で結構です。
眉毛が隠れるくらいとか、アゴにかかるくらいなど、
インチなどで伝えると、案外ばっさりいきます。注意が必要ですね。

 

 

●とにかく軽くしてくださいは危険

 

髪の毛の量が多い方は、すいて軽やかに見せることも多いでしょう。
しかし、これはある意味危険。
当然、軽くしすぎれば枝毛が目立ちますし、
そもそもコシやボリュームも出ません。
軽くはなったけど、ちょっと貧相しい感じでは勿体ないですよね。
注意しましょう。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ