自分に似合うカラーリングの選び方

自分に似合うカラーリングの選び方

自分に似合うカラーリングの選び方

ヘアスタイルの長さは変えないまま、イメージを変えたいという時は、カラーリングがオススメです。
しかしカラーリングとは、自分の好きな色を選べばいいという訳ではありません。
自分に似合う色を選ぶ必要がありますが、自分に似合う色とはどうやって見つければいいのでしょうか?

 

まず、髪の色は瞳の色と、肌の色とのバランスを考えて選ぶ必要があります。
肌の色がブルーベースの人は、赤味のあるブラウン系のカラーリングが似合います。
イエローベースの肌の人は、ベージュ系、グリーン系のカラーリングが似合います。

 

瞳の色は、基本的に日本人はみんな黒色ですが、黒色でも瞳の色が濃い人と薄い人に分類されます。
瞳の色が濃い人は、カラーリングも濃い色が、瞳の色が薄い人は、カラーリングも薄い色が似合います。

 

また髪質によっても、似合う色が異なってきます。
髪質が硬くて太い人はブルー系で落ち着いた色、細くて柔らかい人はイエロー系の明るい色がオススメです。
ただし、細くて柔らかい人は、髪に色が入りやすいので、カラーリングで明るくなりすぎる可能性があります。
施術時間は、少し短めを意識して行いましょう。

 

日常生活もカラーリングの決め手となる場合があります。
アウトドアの人は、太陽の下で綺麗に見えるように、少し暗めの色を選びましょう。
逆にインドアの人は、室内の蛍光灯の下で綺麗に見える、少し明るめの色を選びと自然な仕上がりになります。

 

そもそもカラーリングをするためには、髪にダメージがあると上手く色が髪に浸透してくれません。
またカラーリングを何度も繰り返すと、カラーリングが原因で髪が傷んでしまいます。
せっかく綺麗な髪の色でも、髪質がパサついていたり、枝毛や切れ毛だらけでは、台無しですよね。
カラーリングをするためには、ヘアケアも十分に行う必要があると言えます。
 


ホーム RSS購読 サイトマップ